APRCマレーシア:優勝のギルが二度目の戴冠、炭山が総合3位 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

APRCマレーシア:優勝のギルが二度目の戴冠、炭山が総合3位

©APSM.tv

アジアパシフィックラリー選手権第5戦マレーシアラリー(グラベル)は10月30日、マレーシア南部のジョホールバル周辺で、競技最終日となるレグ2に設定された6SSの走行が行われた。前日を大差の首位で折り返したガウラブ・ギル(シュコダ・ファビアR5)は、この日もギャップを広げてトップフィニッシュ。今季1戦を残して、2013年以来となるドライバーズタイトル獲得を決めた。

APSM.tv

APSM.tv

「これ以上ないほどの喜びだよ。今年は本当に素晴らしい流れだったし、必死で取り組んできた」と語るギル。「マシンも、チームも完璧。タイヤも完璧だったし、セットアップもどこのラリーでも文句がなかったので、いつも思うように走ることができた。チームには感謝してもし尽くせないよ」

APSM.tv

APSM.tv

また、R5“相当”仕様の三菱ミラージュで参戦したヤリ・ケトマーも、前日の総合2位の座を守り切ってのフィニッシュを果たした。
「完璧といってもいいリザルト。本当にハッピーだが、マシンのセットアップについても学ぶことが多かった」とケトマー。
「速さを高めるために必要なことが分かったので、次にマレーシアへ来る時には、優勝争いができるようになりたいね」

一方、クスコレーシング勢には一喜一憂の日となり、この日最初のステージで、マイケル・ヤング(スバルWRX STI)が深いディッチにはまりリタイア。代わって、炭山裕矢(WRX STI)が総合3位に食い込んだ。

APSM.tv

APSM.tv

「3位に入れて本当にうれしい。今日のステージはとてもスリッパリーで、難しい道だった。でもマシンは全く問題がなかった」と語る炭山は、アジアカップでは2位フィニッシュを飾った。さらにチームメイトのサンジェイ・タクル(WRX STI)も、4位でのフィニッシュ。併催のマレーシア国内選手権部門では、地元強豪のカラムジット・シンを抑えてのトップフィニッシュを果たした。

前日リタイアしたファビアン・クレイム(ファビアR5)は、この日、スーパーラリー規定で再スタート。6SS中、5SSでベストタイムをたたき出し、レグ2単独ではトップでマレーシア戦を終えた。

APRC最終戦は12月3−5日、インド南部カルナータカ州の州都・ベンガルール(旧バンガロール)で開催される。

APRCマレーシアラリー 最終結果

順位部門ドライバーマシンタイム/差
1APRC/A-CupG.ギルシュコダ・ファビアR52:48:22.5
2J.ケトマー三菱ミラージュ+9:10.2
3A-Cup炭山裕矢スバルWRX STI+18:01.3
4APRC/A-CupS.タクルスバルWRX STI+31:35.7

Red Bull TV
RALLY PLUS