WRC英国:オジエ今季6勝目。マニュファクチャラーズタイトルも確定 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRC英国:オジエ今季6勝目。マニュファクチャラーズタイトルも確定

©VOLKSWAGEN

WRC第13戦GBはすべての競技日程を終了し、フォルクスワーゲンのセバスチャン・オジエが今シーズン6度目の勝利を達成し、チームのマニュファクチャラーズタイトルも確定した。2位はDMACKのオット・タナク、3位はヒュンダイのティエリー・ヌービルという順位となった。

M-SPORT

M-SPORT

ラリー最終日はSS17〜22の6SS。いずれも10km前後と短いステージ構成となっており、タナクにとっては逆転は厳しい状況と言える。

HYUNDAI

HYUNDAI

しかし、ラリーがスタートするとタナクはベストタイムを連発。「限界までは攻めていない」と言いながらも、SS17〜SS21まで5連続でベストタイムを並べていく。一方のオジエはSS20〜21で大きくペースを落とし、タナクとの差を見計らう格好に。最終SSを前にふたりの差は16.4秒まで縮まったが、SS22の距離はわずかに7.93kmと、何かが起きなければ逆転は難しい。

HYUNDAI

HYUNDAI

最終SS、タナクは目覚ましいスピードでベストタイムを獲得し、ボーナスポイント3点の加算に成功した。オジエは着実な走りでSS5番手タイムを記録し、最終的に10.2秒差で今シーズン6勝目を獲得。フォルクスワーゲンのマニュファクチャラーズタイトルを確定させた。2位はタナク、3位にはヌービルが後続のヘイデン・パッドン(ヒュンダイ)とクリス・ミーク(シトロエン)を引き離して入った。

CITROEN

CITROEN

次戦は2016年シーズン最終戦のラリーオーストラリア。11月17〜20日にかけて、東海岸のコフスハーバーを中心に行われる。注目はヌービルとアンドレアス・ミケルセン(フォルクスワーゲン)の選手権2位争いだ。今回の3位入賞でヌービルが有利な立場にいるが、オーストラリアではふたりとも表彰台経験をもっているだけに、熾烈なバトルを期待したい。

順位ドライバーマシンタイム/差
1セバスチャン・オジエフォルクスワーゲン・ポロR WRC3:14:30.2
2オット・タナクフォード・フィエスタRS WRC+10.2
3ティエリー・ヌービルヒュンダイ i20 WRC+1:35.4
4ヘイデン・パッドンヒュンダイ i20 WRC+1:54.9
5クリス・ミークシトロエンDS3 WRC+2:35.2
6ダニ・ソルドヒュンダイ i20 WRC+4:02.6
7ヤリ‐マティ・ラトバラフォルクスワーゲン・ポロR WRC+4:28.3
8マッズ・オストベルグフォード・フィエスタRS WRC+4:38.3
9ステファン・ルフェーブルシトロエンDS3 WRC+7:12.2
10エリック・カミリフォード・フィエスタRS WRC+8:19.3
ラリプラ・メンバーズ2017
ラリプラ・メンバーズ2017