WRC英国:デイ2もオジエが快走、首位を守る – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRC英国:デイ2もオジエが快走、首位を守る

©VOLKSWAGEN

WRC第13戦GBはデイ2のSS16までを終えて、フォルクスワーゲンのセバスチャン・オジエが33.8秒のリードで首位を守っている。2番手にはDMACKのオット・タナク、3番手にはヒュンダイのティエリー・ヌービルと、上位陣の顔ぶれは前日と変わっていない。

M-SPORT

M-SPORT

この日はSS9〜16の8SS。初日の段階でオジエに37.3秒差をつけられたタナクがどのような走りを見せるか、そして僅差の総合3番手争いに注目が集まった。この日も天候は霧がかかるウェットコンディション。

HYUNDAI

HYUNDAI

総合2番手のタナクはオープニングのSS9でベストタイムをたたき出しオジエ追撃の構えを見せるが、続くSS10ではオジエがベストタイムで差を広げにかかる。タナクはそれでもアタックを敢行し、SS11〜14でオジエのタイムを上まわってみせた。SS12〜14では3連続ベストタイムをマークし、一時は24.8秒差までその差を詰めることに成功した。

HYUNDAI

HYUNDAI

もちろんオジエも黙ってはいない。SS15でベスト、この日最後のSS15でもタナクに差をつけるSS2番手でフィニッシュし、差を31.8秒まで戻してデイ2を終えた。

注目の3番手争いも順位の変動はなし。総合4番手にパッドン、総合5番手にミークというオーダーとなっているが、パッドンはヌービルと12.6秒差、ミークはヌービルと55秒差と大きく開いている。

CITROEN

CITROEN

ラリー最終日はSS17〜22の6SS。いずれも10kmと短いステージ構成となっており、逆転を狙うドライバーにとっては厳しい1日となりそうだ。SS17は日本時間30日16時31分スタート予定。

順位ドライバーマシンタイム/差
1セバスチャン・オジエフォルクスワーゲン・ポロR WRC2:43:25.3
2オット・タナクフォード・フィエスタRS WRC+33.8
3ティエリー・ヌービルヒュンダイ i20 WRC+1:34.5
4ヘイデン・パッドンヒュンダイ i20 WRC+1:47.1
5クリス・ミークシトロエンDS3 WRC+2:29.5
6ダニ・ソルドヒュンダイ i20 WRC+3:36.0
7マッズ・オストベルグフォード・フィエスタRS WRC+4:15.0
8ヤリ‐マティ・ラトバラフォルクスワーゲン・ポロR WRC+4:22.2
9ステファン・ルフェーブルシトロエンDS3 WRC+6:52.7
10エリック・カミリフォード・フィエスタRS WRC+7:35.6
RALLY PLUS
RALLY CARS