世界RX、2017年最終戦は南アで開催へ – RALLYPLUS.NET ラリープラス

世界RX、2017年最終戦は南アで開催へ

©FIAWorldrallycross.com

世界ラリークロス選手権は、2017年のドラフトカレンダーを発表。全12戦の最終戦には、選手権初開催となる南アフリカ・ケープタウンのキラーニーサーキットでの開催が予定されている。

開幕戦は初めてバルセロナで開催。5月には再びホッケンハイムで、DTM戦との併催が組み込まれている。このカレンダーは、12月のワールドモータースポーツカウンシルで承認後、確定となる。

2017年世界ラリークロス選手権 暫定カレンダー
第1戦 バルセロナ(スペイン) 4月1−2日
第2戦 モンタレグレ(ポルトガル) 4月22−23日
第3戦 ホッケンハイム(ドイツ) 5月4−6日
第4戦 メテ(ベルギー) 5月13−14日
第5戦 リッデンヒル(英国) 5月27−28日
第6戦 ヘル(ノルウェー) 6月10−11日
第7戦 へリェス(スウェーデン) 7月1−2日
第8戦 トロワリヴィエール(カナダ) 8月5−6日
第9戦 ロエアック(フランス) 9月2−3日
第10戦 リガ(ラトビア) 9月16−17日
第11戦 エステリンク(ドイツ) 9月30日ー10月1日
第12戦 ケープタウン(南アフリカ) 11月11−12日



ワールドラリーカレンダー2018
RALLY PLUS