WRCスペイン:オジエ勝利で4年連続タイトル確定! – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRCスペイン:オジエ勝利で4年連続タイトル確定!

©VOLKSWAGEN

WRC第12戦スペインは、すべてのステージを終えてフォルクスワーゲンのセバスチャン・オジエがシーズン5度目の勝利を挙げ、自身4度目となる世界タイトルを確定させた。上位陣の順位は前日同様、2位はダニ・ソルド、3位にティエリー・ヌービル、4位にヘイデン・パッドンとヒュンダイ勢が占める格好となった。

HYUNDAI

HYUNDAI

この日行われたのはSS16〜19の4SS。2SSを2度走行する構成となっており、首位オジエを5.8秒差で追う2番手のソルドが、どこまで差を詰められるかに注目が集まった。オープニングのSS16、ソルドはアタックをかけるもベストタイムを獲得したのはオジエ。その後のステージでもオジエはソルドのタイムを上まわり続け、ふたりの差は開く一方となった。オジエは最終パワーステージを2番手タイムでまとめ、ソルドに15.6秒差をつける快勝。4年連続ワールドタイトル確定を、自身37回目の勝利で飾ってみせた。4度の世界チャンピオンはユハ・カンクネン(1986、1987、1991、1993)、トミ・マキネン(1996〜1999)と並ぶ偉業と言えるだろう。

M-SPORT

M-SPORT

パワーステージを制したのはヤリ‐マティ・ラトバラ。ツキのないラリーで貴重な3ポイントを持ち帰ることに成功した。パワーステージ3番手にはソルドが入っている。

前日5番手につけていたシトロエンのクリス・ミークはSS16でエンジントラブル、9番手のマルティン・プロコップ(フォード・フィエスタRS WRC)がSS17でのサスペンション破損でリタイアを喫したため順位がスライド。6位にオット・タナク(フォード)、7位ケビン・アッブリング(ヒュンダイ)、8位にシュコダ・ファビアR5のヤン・コペッキー、9位に同じくファビアR5のポンタス・ティデマンド、10位にはシトロエンのクレイグ・ブリーンという結果となった。

CITROEN

CITROEN

次戦は10月27日〜30日にかけて行われる第13戦ラリーGB。ウェールズ北部、ディーサイドを中心に、森林地帯のステージで争われる。

順位ドライバーマシンタイム/差
1セバスチャン・オジエフォルクスワーゲン・ポロR WRC3:13:03.6
2ダニ・ソルドヒュンダイ i20 WRC+15.6
3ティエリー・ヌービルヒュンダイ i20 WRC+1:15.0
4ヘイデン・パッドンヒュンダイ i20 WRC+1:27.8
5マッズ・オストベルグフォード・フィエスタRS WRC+3:24.4
6オット・タナクフォード・フィエスタRS WRC+5:24.9
7ケビン・アッブリングヒュンダイ i20 WRC+7:31.3
8ヤン・コペッキーシュコダ・ファビアR5+9:05.1
9ポンタス・ティデマンドシュコダ・ファビアR5+9:20.4
10クレイグ・ブリーンシトロエンDS3 WRC+9:57.1
RALLY CARS
RALLY PLUS