WRCスペイン:オジエが首位、王座ほぼ手中に – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRCスペイン:オジエが首位、王座ほぼ手中に

©VOLKSWAGEN

WRC第12戦スペインは、デイ3のSS15までを終えてフォルクスワーゲンのセバスチャン・オジエがトップ、2番手にはダニ・ソルド、3番手にはティエリー・ヌービル、4番手にはヘイデン・パッドンと、ヒュンダイ勢が2〜4番手と上位につけている。

HYUNDAI

HYUNDAI

この日行われたのはSS8〜15の8SS。ターマックラリーとなるため、オジエの先頭走者の不利はなくなる。首位のソルドがオジエにつけた17秒差を守り切れるかどうかに注目が集まった。

HYUNDAI

HYUNDAI

オープニングステージとなるSS8、続くSS9では前日リタイアしたフォルクスワーゲンのヤリ‐マティ・ラトバラが2連続ベストタイム。このSS9でソルドはリードを広げ、オジエとの差を17.5秒としていたが、ここからオジエの逆襲がはじまった。SS10〜14まで圧巻の5連続ベストタイムで一気にソルドとの差を削り、SS14の時点で1.7秒リードの総合首位に浮上したのだ。ソルドもSS2番手、3番手タイムを並べて抵抗するが、この日最後となるSS15、2.24kmの市街地ステージ『サロウ』でSS12番手タイムと落ち込み、オジエとの差は5.8秒となった。

CITROEN

CITROEN

オジエの背後、総合3番手からこの日をスタートしたフォルクスワーゲンのアンドレアス・ミケルセンはSS12でコースオフ、デイリタイアを喫して上位争いから去ることとなった。ドライバーズ選手権2番手のミケルセンが脱落したことで、オジエは4度目のチャンピオンをほぼ手中に収めたこととなる。総合3番手はヌービル、4番手にパッドンが続き、総合5番手にシトロエンのクリス・ミーク、6番手にMスポーツのマッズ・オストベルグという順位となっている。

M-SPORT

M-SPORT

ラリー最終日はSS16〜19の4SS。2SSを2度走行する構成となっており、SS距離はわずか62.80kmとなる。オジエが完璧なかたちで4度目のチャンピオンを確定するのか、地元ソルドが意地を見せるのか、秒差の首位争いに注目が集まる。SS16は日本時間の16日14:24スタート予定。

順位ドライバーマシンタイム/差
1セバスチャン・オジエフォルクスワーゲン・ポロR WRC2:35:12.8
2ダニ・ソルドヒュンダイ i20 WRC+5.8
3ティエリー・ヌービルヒュンダイ i20 WRC+1:03.9
4ヘイデン・パッドンヒュンダイ i20 WRC+1:20.0
5クリス・ミークシトロエンDS3 WRC+1:57.9
6マッズ・オストベルグフォード・フィエスタRS WRC+2:35.7
7オット・タナクフォード・フィエスタRS WRC+4:24.7
8ケビン・アッブリングヒュンダイ i20 WRC+6:22.7
9マルティン・プロコップフォード・フィエスタRS WRC+7:13.3
10ヤン・コペッキーシュコダ・ファビアR5+7:41.6
RALLY PLUS
Red Bull TV