全日本ラリーハイランドマスターズ:初日はベスト5本の鎌田がトップを快走 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

全日本ラリーハイランドマスターズ:初日はベスト5本の鎌田がトップを快走

©RALLY PLUS

全日本ラリー選手権第8戦「第44回M.C.S.C.ラリーハイランドマスターズ2016 Supported by Sammy」は、10月15日(土)に6SSを走行し、鎌田卓麻/市野諮(スバルWRX STI)がトップに立った。11.9秒差の2番手には勝田範彦/石田裕一(スバル)、12.9秒差の3番手には、奴田原文雄/佐藤忠宜(三菱ランサーエボリューションⅩ)がつけている。

「午後のセクションで右フロントタイヤをパンクしてしまったんですが、それ以外は特に大きな問題なく走ることができました。悪くない走りができていると思います。でも、勝田選手が追い上げてきているので、明日もまた頑張ります」と、鎌田はコメント。

2番手の勝田は「なんとかペースが戻ってきて、プッシュすることができました。奴田原選手を抜いて、2番手で初日を終えられたので、明日どうなるかですね」と、さらなる挽回を誓う。

また、JN5クラスは新井大輝/小坂典嵩(シトロエンDS3 R3-MAX)が、2番手以下に大差をつけて独走。
「まずまずの滑り出しです。タイムも悪くないですね。フィンランドで実践してきたペースノートを試したんですが、かなりうまく機能しています」と、笑顔を見せた。



ワールドラリーカレンダー2018
RALLY CARS