世界RXラトビア:ローブが初優勝、ソルベルグは選手権3位に後退 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

世界RXラトビア:ローブが初優勝、ソルベルグは選手権3位に後退

©FIAWorldRallycross.com

世界ラリークロス選手権第10戦は10月2日、ビケルニエキ・ナショナルスポーツベースでファイナルが行われ、今季から世界RXフル参戦に挑んでいるセバスチャン・ローブ(プジョー208)が初優勝。今季初めて世界戦が開催されたラトビアでの、初代ウィナーとなった。また、ローブはWRC、WTCCに続き、史上初めて、3種の世界戦で勝利を飾ったドライバーとなった。

WRCで78回の勝利を誇るローブだが、世界RXで初めて決めた勝利に「本当に、本当に素晴らしい気持ちだよ」と喜びを表した。
「チームのみんなのためにも、うれしい。特に僕のチーフメカニックは、ラトビアの出身だからね。シーズンが始まった段階での僕の目標は勝利を飾ることだったが、初シーズンでそれを果たすのは大変な試練だということも分かっていた。でも、ここ数戦は、かなり近づいているという手応えを感じていたので、今日はこれまでの苦労が実った」

「世界RXは、とても雰囲気がよく、人々も温かい。今回は、ラトビアの大統領や首相も臨席されていて、感動的だ。コースもとてもよかった。タイヤも、このコンディションによく合っていたよ」

FIAWorldRallycross.com

FIAWorldRallycross.com

さらにチームメイトのティミー・ハンセンも3位に入り、チーム・プジョー・ハンセンがダブルポディウムを果たした。チームズ選手権でも、首位のEKSに8ポイント差の2位と、その差を詰めている。

FIAWorldRallycross.com

FIAWorldRallycross.com

ドライバーズタイトル争いでは、選手権リーダーのマティアス・エクストローム(アウディS1)がファイナル2位でフィニッシュし、選手権リードを広げた。

タイトルの可能性に関して問われたエクストロームは「もちろん今はリードをしているが、今季獲得できるポイントはまだ60残されているので、決まるまでは戦いは終わらないよ!」とコメント。

「昨日は、一つの小さなミスが大きなコストにつながることが証明された。だから、残り2戦が終わるまでは、しっかりと足を地につけて戦っていく。次戦のエステリンクは楽しみだ。今年はあそこでテストも行っているので、自信も高まっているよ」

PSRX/Colin McMaster/Monster/McKlein

PSRX/Colin McMaster/Monster/McKlein

一方、選手権2位で追っているペター・ソルベルグ(シトロエンDS3)は、Q2の失格に続いてQ3でもコーナーにヒットし、今季初めてセミファイナル進出を逃した。選手権でも3位に後退し、タイトル3連覇の達成は非常に厳しい状況に追い込まれた。代わって、ファイナルを5位でフィニッシュしたヨハン・クリストファーソン(フォルクスワーゲン・ポロ)が、選手権2位に浮上。ソルベルグとの差は7ポイントとなっている。さらにソルベルグの2ポイント後には、今回の中間リザルトでトップ、ファイナルで4位に食い込んだアンドレアス・バックラッド(フォード・フォーカス)が続いている。

今季の世界RXは、残り2戦。次戦は10月14−16日にドイツのエステリンク。そして最終戦はその約1ヶ月後、南米アルゼンチンのオートドローモ・ロサリオで開催される。

世界RXラトビア ファイナル結果
1 S.ローブ(プジョー208) 5:27.665
2 M.エクストローム(アウディS1) 5:29.970
3 T.ハンセン(プジョー) 5:33.094
4 A.バックラッド(フォード・フォーカス) 5:38.769
5 J.クリストファーソン(フォルクスワーゲン・ポロ) 5:42.416
6 T.ティマラザヤノフ(フォード・フィエスタ) 0:05.775

Red Bull TV
RALLY PLUS