WRCフランス:オジエが今季4勝目。王座に向け前進 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRCフランス:オジエが今季4勝目。王座に向け前進

©VOLKSWAGEN

WRCフランスはすべてのステージを終え、フォルクスワーゲンのセバスチャン・オジエが今季4勝目を獲得した。2位はヒュンダイのティエリー・ヌービル、3位はフォルクスワーゲンのアンドレアス・ミケルセンという順位となった。

VOLKSWAGEN

VOLKSWAGEN

この日はSS9〜10の2SSのみという構成。SS9は53.78kmとラリー最長のSS、SS10は10.42kmのパワーステージとなっている。

HYUNDAI

HYUNDAI

SS9では先日のデイリタイアで先頭走者となったシトロエンのクリス・ミークのみがフルアタックを敢行し、SS2番手のヘイデン・パッドン(ヒュンダイ)に35.3秒差をつけるベストタイムを獲得した。後続のドライバーたちはリスクを避ける走りでその後ろに固まるかたちとなり、上位陣に順位の変動はなし。唯一、DMACKのオット・タナクがフォード・フィエスタR5のエルフィン・エバンスをかわして10番手に浮上した。

CITROEN

CITROEN

ミークは続くパワーステージでもベストタイムを獲得。SS2番手にはミケルセン、SS3番手にオジエというオーダーとなった。これでオジエは総合2位のヌービルに46.4秒差をつけて勝利を獲得した。意外にもツール・ド・コルスでの優勝はこれが初めて。

M-SPORT

M-SPORT

総合2位はヌービル、3位にミケルセン、4位にフォルクスワーゲンのヤリ‐マティ・ラトバラ、5位はシトロエンのクレイグ・ブリーン、6位にヒュンダイのヘイデン・パッドンという順位となった。

次戦は10月13日〜16日にかけて開催されるラリーRACCカタルーニャ。チャンピオンシップは首位のオジエが195点、2番手のミケルセンは127点となっており、次戦でオジエが4度目のタイトルを手中に収める可能性も出てきた。

順位ドライバーマシンタイム/差
1セバスチャン・オジエフォルクスワーゲン・ポロR WRC4:07:17.0
2ティエリー・ヌービルヒュンダイ i20 WRC+46.4
3アンドレアス・ミケルセンフォルクスワーゲン・ポロR WRC+1:10.0
4ヤリ‐マティ・ラトバラフォルクスワーゲン・ポロR WRC+1:35.6
5クレイグ・ブリーンシトロエンDS3 WRC+2:18.6
6ヘイデン・パッドンヒュンダイ i20 WRC+2:36.1
7ダニ・ソルドヒュンダイ i20 WRC+3:06.9
8エリック・カミリフォード・フィエスタRS WRC+4:53.9
9マッズ・オストベルグフォード・フィエスタRS WRC+5:37.7
10オット・タナクフォード・フィエスタRS WRC+6:26.6
RALLY PLUS
Red Bull TV