エプソンとモータースポーツの歴史に触れる写真展「FASTEST LAP」開催 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

エプソンとモータースポーツの歴史に触れる写真展「FASTEST LAP」開催

©JRPA

エプソン販売は、9月22日(木)から10月13日(木)まで、東京都新宿区にあるエプソンイメージングギャラリー「エプサイト」で、日本レース写真家協会(JRPA)の写真展『FASTEST LAP』を開催する。

日本国内はもとより海外でも4輪自動車、2輪モーターサイクルによるレース、ラリーの報道写真家として幅広く活動する国内唯一のモータースポーツ・フォトグラファー団体、JRPAが長年に渡り撮り貯めてきたモータースポーツシーンの中から、エプソンに関連する作品を展示する。エプソンは1983年より元F1ドライバー中嶋悟氏へのスポンサーを皮切りに、中嶋レーシングやF1メルセデスAMGペトロナスチームへの協賛など、モータースポーツへの協賛をしている。

EPSON

JRPA

今回展示される作品は、会場となるエプサイト内にある最新のデジタル機器を完備した「プライベートラボ」で、JRPAメンバーの手によって仕上げが行われる。Epson UltraChrome K3インク搭載のエプソンプロセレクション「SC-PX3V」ならびに「UltraChrome Proインク」を搭載した「SC-P20050シリーズ」でプリントすることで、レーシングカーの持つ独特の美やサーキットに差し込む光と影、レースがもたらす感動やそこに漂う空気感まで再現されている。

10月1日(土)にはスペシャルイベントとして、モータースポーツ写真プリントワークショップが行われる。参加者自身の作品をJRPAメンバーから直接アドバイスを受けながらエプソンプロセレクションシリーズのプリンターを使用して、A3ノビサイズのプリント作品に仕上げていく。プリント作品に仕上げるテクニックはもとより、撮影方法や機材についてもプロの考え方や実践方法が学べるまたとない機会だ。

●開催日時:2016年9月22日(木)~10月13日(木) 10:30~18:00 最終日は15:00まで
日曜休館 祝日は開館 入場無料

●会場:エプソンイメージングギャラリー エプサイト(東京都新宿区西新宿2-1-1 新宿三井ビル1階)

●モータースポーツ写真プリントワークショップ
日時:2016年10月1日(土) 11:00/14:30(各回約2時間) 
定員:各回8名
持ち物:A3ノビサイズプリント用写真データ1点(JPEG、またはTIFFデータ、被写体はモータースポーツに関連するもの)
※データサイズは1200万画素以上を推奨
※Rawデータはあらかじめ現像し、TIFFもしくはJPEGに書き出してお持ちください。
参加費用:無料
申し込みはこちらから



ワールドラリーカレンダー2018
ワールドラリーカレンダー2018