TRDラリーチャレンジ、初の四国開催 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

TRDラリーチャレンジ、初の四国開催

 

 TRDラリーチャレンジの第3戦が、徳島県美馬市から約60km離れた中尾山高原エリアを舞台として6月1日に開催された。2001年からスタートした前身のTRDヴィッツチャレンジを含め、本州以外での開催は今回が初めてとなる。

 ラリーは、総延長87.7kmという日本最長林道の剣山スーパー林道に総距離16.58kmのスペシャルステージ(SS)を設定。

 SSは7本に区切られ、路面はすべてグラベルで構成されている。山々の稜線や尾根を駆け巡る大自然に溢れたステージは、海外ラリーを彷彿とさせる壮大な景観が特徴だが、時には断崖絶壁を走るシーンもあり、ドライバーにとってはハードでチャレンジングなステージでもある。

 モリゾウ選手、ラリーレイドで活躍する三橋淳選手、モータージャーナリストの島下泰久選手など、多彩な顔ぶれが出場した。トヨタ86限定のE-2クラスでは「Rd.2の走りが不甲斐なかったので、リベンジに来ました」と語る中村英ー/安藤裕一組が、第2戦優勝の山口忍/坂田智子組に約20秒差をつけ、今季2勝目を獲得した。

E-1(エキスパートクラス)
ヴィッツ1500cc(NCP91:1世代前のヴィッツ、NCP131:現行ヴィッツ)
E-2(エキスパートクラス)
トヨタ86(ZN6)
E-3(エキスパートクラス)
トヨタ車限定
C-1(チャレンジクラス)
ヴィッツ1000cc(SCP10:初代ヴィッツ)
C-2(チャレンジクラス)
ヴィッツ1500cc(NCP91:1世代前のヴィッツ、NCP131:現行ヴィッツ)
C-3(チャレンジクラス)
トヨタ86(ZN6)

総合結果(クラス別・3位まで) エントリー29台/出走28台/完走25台

順位 カーNo. ドライバー/コ・ドライバー チーム名 タイム
E-1
1 119 新堀忠光/前川富哉 artoVitzタクミクラフト 18:07.7
2 117 戸塚和幸/角田大輔 PLUM AKR μ VITZ 18:09.2
3 120 藤田豊久/黒田祐嘉 N東名古屋ラック藤田Vitz 18:33.9
E-2
1 102 中村英一/安藤裕一 NTP Racing 86 17:30.2
2 101 山口忍/坂田智子 N東名古屋ラック山口86 17:51.9
3 106 三橋淳/栗田佳織 GRラリーアカデミー 86 17:56.9
E-3
1 113 名倉成幸/名倉洋子 ラック☆Moty’s☆ヴィッツ 18:42.7
2 114 加藤英祐/塩田卓史 豊田自動織機BRIGレビン 18:46.8
3 115 原田善夫/瀬川寛樹 スピードタイヤファジーヴィッツ 18:47.9
C-1
1 129 クワ(桑の異字体)村浩之/新井祐一 SASμDIO.R.Bヴィッツ 18:52.0
2 130 小林直広/小林紀子 NKVitz2014 19:10.0
3 ──
C-2
1 125 天野浩明/花川俊一 オートウェーブ★コンペVITZ 18:34.9
2 122 吉川仁志/板垣裕之 KU&BスポーツWM★VITZ 18:35.4
3 123 浜清志/麻田学 OTGMSC ヴィッツ 18:59.2
C-3
1 109 角谷豪也/秋田典昭 NAVUL 86 18:44.8
2 112 高橋雄介/浅野智禎 jms POWERED 86 19:04.3
3 111 米川直己/米川智美 毎日新聞「クルマで遊ぼう」86 19:21.7
ワールドラリーカレンダー2018
RALLY CARS