新井大輝、海外デビュー戦はゼッケン9 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

新井大輝、海外デビュー戦はゼッケン9

 

8月8〜9日にかけて開催されるオーストリア国内選手権、ラリーヴァイスに新井敏弘の息子、新井大輝がエントリー。新井大輝にとっては初めての海外ラリー参戦となる。

新井大輝はスバル・インプレッサWRX STIのグループN仕様を駆っての参戦。チームはストール・レーシング、コ・ドライバーはグレン・マクニールが登録されている。マクニールは新井親子二代にわたってコ・ドライバーを務めることとなる。

ラリーは基本的にはターマックだが、一部はグラベルが露出したり、路肩の泥が掻き出されたりしてコンディションは一定でないようだ。2日間で16SS、SS走行距離は202.20kmと、ラリー北海道よりもやや短いが、初日は22時28分スタートのナイトステージも用意されている。

ライバルとなるのはS2000やR5。有名どころではレイムンド・バウムシュラッガーがシュコダ・ファビアS2000で出場するほか、アンドレアス・アイグナーがスズキ・スイフトS1600でエントリーリストに名を連ねている。

新井大輝は大学の試験を終えて8月5日には渡欧する模様。



DiRT4
DiRT4