WRCフィンランド:デイ2「世界王者をパスした!」 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRCフィンランド:デイ2「世界王者をパスした!」

 

ラリーフィンランド、デイ2終了後の各ドライバーからのコメント。

[フォルクスワーゲン・モータースポーツ]
フォルクスワーゲン・ポロR WRC

ヤリマティ・ラトバラ/総合首位
「母国でのラリーは、ここまで完璧に進んでいる。あちこちタイムロスしているところはあるけどね。新しいステージでのノートがあまりよくなく、マイナーエラーをしてしまったが、大したことじゃない。他のステージではアタックし過ぎたとこrもあった。だから午後は、とにかくラインのことに集中し、セバスチャン・オジエのタイムは一切気に留めなかった。これがよかった。でもまだセバスチャンとクリス・ミークのことは注視しなくてはならない。フィニッシュラインまで三つ巴のエキサイティングなバトルが続くよ」

セバスチャン・オジエ/総合3位
「今日は色々な気持ちが混ざっている。ステージはとにかく素晴らしいの一言で、ドライバーとしてフォレストを全開で駆け抜けるのを、1km1km楽しんでいたよ。一方で、全力を尽くしたし、マシンも文句なしの走りをしてくれて、自分のパフォーマンスにも大満足。とはいえ、ヤリマティは素晴らしい走りをしていた。でも明日は、また新しい一日が始まる。リスクを負わず、バカなこともしないで、真剣勝負することを約束するよ!」

[シトロエン・トタル・アブダビWRT ]
シトロエンDS3 WRC

クリス・ミーク/総合2位
「今日を終えて2位につけられて、すごくうれしい。午前中は新しい道で、新しいペースノートでも同じペースを維持できるか分からなかった。すごくうまく行ったと言っていいんじゃないかな。世界チャンピオンで、去年のフィンランドのウィナーをパスしたんだからね。とはいえ、まだフィニッシュはしていないから、まだ集中を続けるよ」

マッズ・オストベルグ/総合5位
「今朝は、ペースを取り戻すところから始めたけど、うまく行った。こういうラリーでは具体的なターゲットがあったほうが、もっと楽しい。アンドレアス・ミケルセン、ミッコ・ヒルボネンと4位争いをしている明日は、最初からプッシュしなくちゃならない。去年はあのステージでいいタイムを出していたので、いい兆しだ」

[フォルクスワーゲン・モータースポーツII]
フォルクスワーゲン・ポロR WRC

アンドレアス・ミケルセン/総合4位
「全体としては、今日の出来には満足。昨日のステージよりも僕たちにとってはよかったし、順位をひとつ上げることができてうれしいよ。明日はもう少しプッシュできる。それに4位争いになると思うから、エキサイティングな一日になるね」

[Mスポーツ]
フォード・フィエスタRS WRC

ミッコ・ヒルボネン/総合6位
「SS10でスピンをしてしまい、後ろを追っていたドライバーとのアドバンテージがすべてなくなってしまって悔しかったよ。ほんとうにバカなミスだったが、ここでは誰もが限界まで攻めているので、時にはそんなこともしてしまう。マシンにダメージがなくて、ラッキーだった。まだ残り2日あるし、みんな全開で攻めていくから楽しみにしているよ」

エルフィン・エバンス/総合8位
「まあまあの一日。大きなリスクを負わず、クリーンなドライビングでトラブルを避けることに努めていた。昨日は大きく成長できたという手応えがあったけど、まだまだ速くなれる。ここでいいタイムを出すには、かなりの自信がなくてはならない。今日は、まだリスクを負うだけの状態になっていなかったけど、明日は様子を見てみるよ」

[ヒュンダイ・モータースポーツN]
ヒュンダイi20 WRC

ヘイデン・パドン/総合7位
「全体として、今日の進捗とパフォーマンスには満足している。午前中は、みんなが初めてのステージでいいタイムを出すことができた。ティエリーとユホはトラブルを抱えてしまったので、いま僕たちがチームの最上位につけているが、まだ先は長い。いいリズムを築くため、チームのために全力を尽くすことを続けるよ」

[ヒュンダイ・モータースポーツ]
ヒュンダイi20 WRC

ユホ・ハンニネン/総合9位
「今日はちょっと波乱含みの一日だったね。滑り出しはいいペースが出せたが、SS6からトラブルに見舞われた。パンクして転倒したんだ。幸い走行は続けられたが、1分以上をロスした。トミとマシンを直した。フロントガラスも取り外したから、ドライビングするコンディションとしては興味深くなったね。サービスではメカニックがキッチリ直してくれた。午後はステアリングが不調だったが、挽回しているので、残りも母国の素晴らしいファンの前で、いい走りを見せるよ」

ティエリー・ヌービル/SS5でのダメージによりデイサービスでリタイア
「本当に残念な一日になってしまった。昨日は厳しい滑り出しだったので、何とか復調しようと務めたが、今日最初のステージで、コーナーの進入が膨らみすぎて、石をひっかけてしまった。リアを失い木に接触してウィングにダメージを負い、その後のステージはかなりスローダウンしてしまった。日中サービスに戻って、ロールケージのダメージが見つかったのでリタイアを決めた。ここからは、次のドイツでまたいい走りをすることに専念するよ」

[RK Mスポーツ]
フォード・フィエスタRS WRC

ロバート・クビカ/SS5でデイ撤退
「SS5を500m走った高速セクションで、ペースノートが間違っていた。6レフト+ロング-オーバークレスト、とコールされたのでフルスロットルで入っていたが、バウンドする、というインフォメーションが一部抜けてしまい、コースオフしてしまった。クレストでマシンがバウンドするという状況が一番の問題だった。レッキでは気付かなかった。フルスピードでなければ気付けない。経験が足りなかった。でも、いいペースで走っている時に、6速コーナーの度にスローダウンするのは難しい。そんな場所がたくさんあるんだ。明日、再スタートしたら、リスクを負わない走りを続けるよ」



ワールドラリーカレンダー2018
ワールドラリーカレンダー2018