WRCポーランド:競技2日目を終えて僅差の首位争い – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRCポーランド:競技2日目を終えて僅差の首位争い

 

WRC第7戦ポーランドは競技2日目を終えて、フォルクスワーゲンのセバスチャン・オジエが首位、2番手にはアンドレアス・ミケルセン、3番手にはヤリ‐マティ・ラトバラと、フォルクスワーゲンが1-2-3体制を築いている。

この日はSS2〜9の計8SSという設定だが、日中のサービスはなし。タイヤ交換の時間は設けられるものの、マシンの修復はクルー自身が行うしかない。

午前中に勢いを見せたのはMスポーツのオット・タナク。後方からの出走順を活かしてSS3〜5と連続ベストタイムをたたき出し、総合首位に。2番手のミケルセンに9.3秒、3番手のオジエに16.7秒の差をつけてこの日を折り返した。

午後のループになると、クリーンになった路面でオジエが本領発揮。SS6、SS7と連続ベストで一気に首位を仕留め、総合首位でこの日を終えた。総合2番手には2.1秒差でミケルセン、10.8秒差の3番手はラトバラと、フォルクスワーゲンが上位を独占している。4番手には16.7秒差でタナクが食らいついており、明日以降の盛り返しに期待がかかる。

5番手はヒュンダイのヘイデン・パッドン、6番手には地元の期待を背負うロバート・クビカがつけている。シトロエン勢は低迷。シェイクダウンでクラッシュしたクリス・ミークが8番手、ポイントランキング2番手のマッズ・オストベルグは10番手となっている。

競技3日目はSS10〜17の計8SS。SS10のスタート時刻は日本時間の4日15時25分予定。

【SS9後暫定総合順位】
1.セバスチャン・オジエ(フォルクスワーゲン) 1:17:42.5
2.アンドレアス・ミケルセン(フォルクスワーゲン) +2.1
3.ヤリ‐マティ・ラトバラ(フォルクスワーゲン) +10.8
4.オット・タナク(フォード) +16.7
5.ヘイデン・パッドン(ヒュンダイ) +35.9
6.ロバート・クビカ(フォード) +37.4
7.ティエリー・ヌービル(ヒュンダイ) +41.3
8.クリス・ミーク(シトロエン) +1:07.1
9.ダニ・ソルド(ヒュンダイ) +1:15.0
10.マッズ・オストベルグ(シトロエン) +1:15.5

ワールドラリーカレンダー2018
RALLY CARS