VW、シーズン最多勝利記録更新に向けてウェールズへ – RALLYPLUS.NET ラリープラス

VW、シーズン最多勝利記録更新に向けてウェールズへ

 

 今週末に迎える今季WRC最終戦、ラリーGBを前に、既に2年連続でマニュファクチャラーズ、ドライバーズ/コ・ドライバーズとWRCのメインタイトルの獲得を決めているフォルクスワーゲン。ウェールズでは、シーズン最多勝利記録更新が懸かっている。

 全13戦中、今季ここまで11勝を決めているVWモータースポーツは、シトロエンが2005年と2008年にマークしている最多勝利記録に並んでおり、GBでチームが勝利を飾れば記録を更新することになる。さらに、一シーズン中の1−2フィニッシュ回数としては、2002年にプジョーが記録した8回に対し、今季スウェーデン、メキシコ、アルゼンチン、ポーランド、フィンランド、オーストラリア、フランス、そして前戦スペインと、こちらもVWモータースポーツは既に記録タイに並んでいる。

「ラリースペインでは、今季最大のゴールを達成できたので、プレッシャーはなくなった。今季最終戦ではエンジョイしたい、つまりいい結果を収めたい。ウェールズでテストを行い、複雑なコンディションに対する準備も万全だ」とオジエ。

 VWモータースポーツは、昨年のGBで、ヤリマティ・ラトバラが2位に入っており、優勝したオジエと共に1−2フィニッシュを決めている。

「昨年は、セバスチャンに続いての2位だった。今回はもう一ついい結果で、シーズンをいい形で締めくくりたい」とラトバラ。
「GBは大好きなラリーだ。とても過酷なラリーだから、いい走りをすれば大差でも挽回できることもある。ラリーGBは最終戦として申し分のないイベントなんだ」

 WRC初優勝も目前の一人として最有力視されているアンドレアス・ミケルセンも、GBには特に深い思い入れを持っている。
「ラリーGBは2006年にWRCキャリアが始まった思い出のラリー。以来、僕にとっては母国戦のようなものだ」とミケルセン。
「ウェールズでは故郷にいるような気分になれるし、コンディションにも慣れている。ここでならWRC初勝利が挙げられるんじゃないかという気にさえなるよ。初優勝のためにすべてのリスクを負うことはしないけど、選手権の状況を考えれば、いつもよりはリスクも覚悟するかもしれないね。特にコ・ドライバーのオーラは、コ・ドライバーズ選手権では4位につけているけど、ヤルモ・レーティネンとはわずか2ポイント差だ」



Red Bull TV
RALLY PLUS