WRC英国:デイ1「ステアリングと戦っている」 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRC英国:デイ1「ステアリングと戦っている」

 

ラリーGB、デイ1終了後の各ドライバーからのコメント。

[フォルクスワーゲン・モータースポーツ]
フォルクスワーゲン・ポロR WRC

セバスチャン・オジエ/総合首位
「いい滑り出しだ! 予想よりもコンディションがよく、最終戦で何のプレッシャーもなくレースができる。午後のステージはかなりトリッキーになったけどね。スリッパリーで、かなりアンダーが出た。コース上にマシンをキープするために、ステアリングと戦っていた感じだ」

ヤリマティ・ラトバラ/総合2位
「チームメイトといいバトルができているし、その差も数秒だ。残り2日間もエキサイティングになるね。何台も走って路面がスリッパリーになり、午後はグリップレベルの判断がトリッキーになった。ポロR WRCをウェールズの道に誘うのは大変な作業だけど、楽しみでもあるよ」

[Mスポーツ]
フォード・フィエスタRS WRC

ミッコ・ヒルボネン/総合3位
「本当にハッピー、いい一日だった。もちろん、簡単ではなかったけどね! セッティングに完全に満足できていないので、修正を行わなくてはならないけど、それでも3位につけられてよかったよ。WRCキャリアをポディウムの上で終えることができれば最高だけど、まだ先は長いし後ろとも僅差だ。明日も今日と同じような感じになると思う。ステージは少し短いけど、路面のキャラクターがどんどん変わるからね。でもいい一日にできると思うよ」

エルフィン・エバンス/総合7位
「正直タフだった。1回目のループは楽しめたけど、午後は本当に難しくて、ほとんどのステージでグリップレベルがとても低かった。明日のステージは経験のないところばかりだから、慎重に行きたい。ノートがいいようだったら、ベストのパフォーマンスが出せるように少しプッシュできるかもね」

[シトロエン・トタル・アブダビWRT ]
シトロエンDS3 WRC

クリス・ミーク/総合4位
「序盤に目指していた順位につけることができた。道はアイスの上をドライブしているようにスリッパリーだった。最後のステージで小さなミスをして5秒くらいロスした。それがなければベストタイムだったかもしれない。チームががんばってくれて、自信が持てるセッティングになった。ポディウムを目指して戦う」

マッズ・オストベルグ/総合5位
「序盤はとてもよかった。午後はすごくスリッパリーになって、ペースをつかむことができなかった。ドライビングスタイルを変えようとしたし、セッティングも調整したけど、うまくいかなかった。それでもまだポディウムを狙える位置につけている。明日もプッシュを続けるよ!」

[ヒュンダイ・モータースポーツ]
ヒュンダイi20 WRC

ティエリー・ヌービル/総合6位
「文句なしにチャレンジングな一日だったが、いい走りができたと思う。マシンは、改良できる余地はあるが、まずまずだと思う。午前中はトップ3も狙えるバトルができていたので、この後、エンジニアと変更を相談する」

ユホ・ハンニネン/SS3でデイリタイア
「1本目はコンディションが悪いことをよく知っていたし、2本目はマディでウェットだったけどフィーリングはよかった。でもSS3でコントロールを失い、ディッチにはまった。コースに戻ることができなかった。チームがこれからマシンをチェックするけど、明日は再スタートできると思う。トラブルなしの一日にしたいよ」

[ヒュンダイ・モータースポーツN]
ヒュンダイi20 WRC

ヘイデン・パッドン/総合12位
「こんなスリッパリーなコンディションでのラリーは久しぶりなので、グリップレベルを判断するのに手間取った。タフだったけど、ステージを走り切るために全力を尽くした。SS5でパワステにトラブルが発生し、ステージは走り切ったけど修理のために止まらなくてはならなかった。あまりできることはなく、とにかく走り続けるしかなかった。チームとしては未知のラリーだから、とにかく経験を積んでいくよ」

[フォルクスワーゲン・モータースポーツII]
フォルクスワーゲン・ポロR WRC

アンドレアス・ミケルセン/SS2でデイリタイア
「クレストを甘く見ていて、次の右コーナーへのブレーキが遅くなった。ディッチにはまり右フロントのサスペンションにダメージを追った。衝撃をモロに受けて、ストラットが二つに分かれていた。走行を続けることはできなかったが、それほど複雑な修復にはならないと思う。ここでは優勝を狙っていたので残念だ。あの失敗は避けられたと思うので、とても落ち込んだ。明日は再スタートして、ファンのためにいい走りを見せたい」

[RK Mスポーツ]
フォード・フィエスタRS WRC

ロバート・クビカ/総合11位
「厳しく長い一日だった。ステージはもちろん、ロードセクションでもやることが多かった。ステージのコンディション自体も、とても難しかった。とても特徴のあるラリーだが、去年よりも格段にいい走りができていると思う」



DiRT4
DiRT4