WRC英国ポスト会見「あの右コーナーが最後のコーナー」 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRC英国ポスト会見「あの右コーナーが最後のコーナー」

 

WRCラリーGB、イベント後記者会見の内容
(抜粋)

●WRCポストイベントカンファレンス出席者
1位:セバスチャン・オジエ=SO(フォルクスワーゲン・モータースポーツ)
1位:ジュリアン・イングラシア=JI(フォルクスワーゲン・モータースポーツ)
2位:ミッコ・ヒルボネン=MH(MスポーツWRT)
2位:ヤルモ・レーティネン=JL(MスポーツWRT)
3位:マッズ・オストベルグ=MO(シトロエン・トタル・アブダビWRT)
3位:ヨナス・アンダーソン=JA(シトロエン・トタル・アブダビWRT)
ヨースト・カピート=JC(チーム代表、フォルクスワーゲン・モータースポーツ)

Q:
セバスチャン、今季最後の勝利は君のものだ。チャレンジングなイベントを終えた今の気分は。
SO:
ラリーGBらしく3日間通して難しいコンディションだった。土曜日の午前中にはリードが広がったけれど、それでもリラックスする余裕はなかった。インタビューでも繰り返したように、それでも難しかったんだ。アンドレアス(ミケルセン)がミスをしたのも見ていたし、誰もがプッシュしていた。この勝利は本当にうれしいよ。

Q:
この週末のコンディションはどれだけタフだったのか。特にセカンドループは。
SO:
自分が経験した中では最悪ではなかった。初めて走った2008年には、アイスやスノーもあったし、ハードタイヤしかなかったから大変だった。今回のように3日間通してトラブルがないといいね。ヤリとハードにプッシュしていた。このコンディションでハードにプッシュしていたんだけど、たぶん安全パイでドライブしようとする方が難しいかもしれない。いいバランスを見つけるのが本当に大変だ。遅すぎてはフィーリングを失うし、セッティング面で手応えがなければ何もうまく行かない。自分との戦いなんだ。

Q:
今ではラリーGBが好きになってきたか。
SO:
去年から好きになり始めていたよ。スタート前にも、ステージはとても美しいし素晴らしいイベントだって言ったし。でも同時に大変なチャレンジだ。でもこれで2勝したし、いい関係が築けたかな。愛のような感じだね!
MH:
たぶんもう、ロードセクションで家探しを始めているんじゃないの!

Q:
ジュリアン、今季最後の優勝おめでとう。今の気分は。
JI:
セブも言ったように、すごくエネルギーを使ったし集中もした。やっと家族や友人と一緒に過ごす時間が取れるよ。満足した気分が多い。2回目のタイトルを獲得したし、どんなステージでも勝てることが証明された。来季の開幕は目前だ。この数日間は楽しむよ。

Q:
ミッコ、最後のWRCイベントが終わったが、今週末は素晴らしいバトルを展開して総合2位を獲得した。WRCのキャリアを終える最高の形ではないか。
MH:
とてもいい気分だよ。その通り、この上ない終わり方だ。難しいコンディションで他のドライバーと争うのは、ラリーで一番面白い点だ。本当にアメージングだよ。五ルクスワーゲンとセブとは戦えなかったけど、彼らの走りもアメージングだった。アンドレアスとヤリマティは今年小さなミスはあったけど、彼らも手強いドライバーたちだ。マッズもがんばって! とにかく、この週末の内容に関しては、本当にハッピーだよ。

Q:
今朝、最後にレーシングスーツを着た時、戦う準備はできていたか。
MH:
No! 何をしていいか分からなかったよ。2位争いをしたかったけど、でもどうしてもポディウムでフィニッシュしたかった。午前は特にサービスの後はトリッキーだった。最後のサービスに行った時、みんなにお別れを言ったんだ。ベストのリズムをつかむことはできなかったけど、終わりよければすべてよしだ。

Q:
気持ちが込み上げてきた?
MH:



DiRT4
DiRT4