タイトル防衛のオジエがFIAガーラに登壇 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

タイトル防衛のオジエがFIAガーラに登壇

 

 FIAタイトルシリーズのチャンピオンに正式にタイトルが授与される表彰セレモニー、FIAガーラが12月3日、カタールのドーハで行われ、WRC2連覇で2014年タイトルを決めたフォルクスワーゲン・モータースポーツのセバスチャン・オジエがタイトルを受け取り、正式にチャンピオンと公認された。同じくコ・ドライバーのジュリアン・イングラシア、フォルクスワーゲンにも、それぞれコ・ドライバーズ、マニュファクチャラーズのトロフィーが授与された。

 このガーラには、ドライバーズ選手権で2位、3位に入ったヤリマティ・ラトバラ/ミーカ・アンティラ出席、アンドレアス・ミケルセン/オーラ・フローネ組も出席した。

 晴れやかな顔で登壇したオジエは「再びタイトルを手にすることができて素晴らしい気持ちだし、モータースポーツ界の優れたドライバーたちと共にステージに上がるのは光栄なこと」とコメントした。

「去年のタイトルを守れたことがとてもうれしい。世界チャンピオンになるという夢がかなったことは最上の喜びだったが、タイトルを防衛したことはさらに素晴らしい。今季は去年よりも格段に難しかった。チームメイトとシーズン終盤までタイトルを争ったからね。どのラリーでもポロR WRCを完璧なマシンに仕上げてくれたチームに、心から感謝している」



ワールドラリーカレンダー2018
RALLY PLUS