横浜ゴム、2015シーズンの「ヨコハマ・モータースポーツ・スカラシップ」を開始 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

横浜ゴム、2015シーズンの「ヨコハマ・モータースポーツ・スカラシップ」を開始

 

横浜ゴムは、モータースポーツ振興促進活動の一環として競技参加者を支援する「ヨコハマ・モータースポーツ・スカラシップ」制度を開始した。受付期間は2015年1月13日から2015年4月30日で、郵送のみ(当日消印有効)。

「ヨコハマ・モータースポーツ・スカラシップ」は、競技の成績に応じてポイントを付与し、獲得ポイントによってヨコハマタイヤを支給するというもの。対象となる競技はJAF公認のラリー、ダートトライアル、ジムカーナ。昨シーズンは全日本ラリー選手権の5クラス、全日本ジムカーナ選手権の6クラス、全日本ダートトライアル選手権の3クラスでヨコハマタイヤユーザーがシリーズチャンピオンを獲得しており、2015年も足元から勝利を支えていく。

指定タイヤは、ADVAN A050/ADVAN A048/ADVAN A038/ADVAN A021R/ADVAN A053/ADVAN A035/ADVAN A031/ADVAN A036。さらに、ADVAN NEOVA AD08R/ADVAN Neova AD07/ADVAN NEOVA AD05・AD06、そしてS.driveとなっている。

対象カテゴリーは、ジムカーナが全日本選手権/JAF地方選手権/チャンピオンシリーズ(関東)/東海シリーズ(中部)、ダートトライアルが全日本選手権/JAF地方選手権、ラリーが全日本選手権のみ。

登録できるのはひとり1シリーズのみで、同一車両での複数名登録は不可。年間通して指定タイヤを全輪に装着装着し、ステッカーとワッペンを指定の位置に貼り付けること。会場で指定のキャップを着用すること。また、エントリー名に「ADVAN」(アルファベット表記)を入れること、そして参加競技でのタイヤチェックに協力できる方としている。

競技終了後、2週間以内にスカラシップ事務局まで、参戦結果レポート兼ポイント登録申請書と正式リザルト(コピー可)を送ることでポイントを獲得できる。ポイントは出走台数と順位に応じて変わり、15ポイントで4本、10ポイントで2本、6ポイントで1本を交換可能。なお、ひとりあたりの年間賞典タイヤ本数は、全日本選手権は上限なし、JAF地方選手権は12本、チャンピオンシリーズ/東海シリーズは6本とされている。

Motorsports Scholarship 2015
http://www.yrc.co.jp/cp/motorsports/scholarship/



DiRT4
DiRT4