モンテカルロ、シェイクダウンはローブがトップ! – RALLYPLUS.NET ラリープラス

モンテカルロ、シェイクダウンはローブがトップ!

 

いよいよスタート直前となった2015年WRC開幕戦のラリーモンテカルロ。シェイクダウンテストが行われ、シトロエンのセバスチャン・ローブがトップタイムを記録した。

シェイクダウンが行われたのは3.52kmのステージ。これまでラリーモンテカルロで通算7勝を挙げているセバスチャン・ローブは、WRCから1年以上のブランクがあるとは思えない貫録を見せた。

計5回走行したローブのベストタイムは2分21秒0。2番手につけたチームメイトのクリス・ミークに0.4秒、3番手のセバスチャン・オジエ(フォルクスワーゲン)には1.1秒の差をつけた。シトロエンは地元ラリーで1-2と幸先の良い出出しだ。

「感触は悪くないね。マシンにはすぐ馴染んだけれど、簡単なラリーじゃない。例によって天候は不安定だ。出走順は後ろの方だけど、これが吉と出るか凶と出るかはまだ分からない」とローブ。

ミークはローブと同じく5回走行。オジエは手の内を見せまいとしてか、規定で定められた最低走行回数の3回に留まっている。

フォルクスワーゲンのアンドレアス・ミケルセンは4番手、ピレリタイヤのロバート・クビカが5番手につけている。

主要ドライバーのタイムは以下のとおり。

1.セバスチャン・ローブ(シトロエン)2:21.0
2.クリス・ミーク(シトロエン)2:21.4
3.セバスチャン・オジエ(フォルクスワーゲン)2:22.1
4.アンドレアス・ミケルセン(フォルクスワーゲン)2:22.2
5.ロバート・クビカ(フォード)2:22.3
6.エルフィン・エバンス(フォード)2:22.4
7.マッズ・オストベルグ(シトロエン)2:22.8
8.セバスチャン・シャルドネ(シトロエン)2:24.7
9.ティエリー・ヌービル(ヒュンダイ)2:24.9
9.ダニ・ソルド(ヒュンダイ)2:24.9
11.ヤリ‐マティ・ラトバラ(フォルクスワーゲン)2:25.2
12.オット・タナク(フォード)2:26.2



RALLY PLUS
Red Bull TV