WRCモンテ:デイ2コメント「僕たちもエキサイティングだった」 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRCモンテ:デイ2コメント「僕たちもエキサイティングだった」

 

ラリーモンテカルロ、デイ2終了後の各ドライバーからのコメント。

[フォルクスワーゲン・モータースポーツ]
フォルクスワーゲン・ポロR WRC

セバスチャン・オジエ/総合首位(↑)
「とにかく難しいコンディションで、タフな一日だった。アイスノートクルーは、本当に素晴らしい仕事をしてくれたよ。セバスチャン・ローブとのバトルは、ファンにとってだけでなく。コックピットの僕とジュリアンにとってもエキサイティングだった。彼がアドバンテージを築けば、次に僕が取り返す。でも、結果的に冷静さを失わずにいたことが重要だったと証明された。首位に立った時には、やっと深く呼吸することができたよ。最後のステージでローブがクラッシュしたことは、ファンにとって残念だし、僕らのバトルが終わったことを意味する。しかし、リードしたからといって、残りの2日間が簡単になるわけじゃない。フィニッシュまで最大の集中力を保たなくてはね」

ヤリマティ・ラトバラ/総合2位(↑)
「スタートした時点での僕のゴールは、トップ4でフィニッシュすることだった。これについては、何も変わっていない。これまで、モンテではいいリザルトがひとつもなかったし、天気、タイヤ選択、コースに関しては、まだまだ学ぶことがある。だから、今日のポジションにはハッピーだ。選手権を考えれば、勝利のためにリスクを負うよりもできるだけ多くのポイントを獲得することの方が重要。世界選手権とダカールを比べれば、僕らの本当のフィニッシュは年末なんだからね。自分のゴールを見失わないようにするよ」

[フォルクスワーゲン・モータースポーツII]
フォルクスワーゲン・ポロR WRC

アンドレアス・ミケルセン/総合3位(↑)
「今日は、安全のためにすべてを尽くした。タイヤ選択は午前も午後もよかったと思う。これで、一日を無事に走り切ることができた。それでも簡単という訳にはいあず、深い霧が出て5m先も見えないようなステージもあった。こんなラリーで3位につけているんだから、素晴らしいよ。ローブとミークの不運にも助けられてはいるけどね。でも、まだラリーは中盤だ。先は長いし、賢明なドライビングを続けなくてはいけないね」

[Mスポーツ]
フォード・フィエスタRS WRC

オット・タナク/総合4位(=)
「トリッキーな一日だった。最初のループはとても凍っていて霧が出ていたし、午後になってもコンディションがあまり良くならないので驚いた。最後の2本は少しマシになったけど、いわゆるラリーモンテカルロらしいってことなんだと思った。ベストタイムは出していないけど、いいリズムを築いて自分のラリーに集中できていると思う。今日の午後のように、何が起こるか分からない。残り2日間も、とにかく落ち着いて自分のことに専念する」

エルフィン・エバンス/総合6位(↓)
「最初の2本はとても内容がよく、自分のペースにも満足できた。でも午後は、正直ストレスがたまった。SS6では、タイヤ選択はよかったのにくだらないミスをしてしまい、その後の2本(SS7とSS8)ではタイヤの組み合わせが今一つだった。まだ先は長いけど、どんな時でもできる限りのことは尽くしたい」

[シトロエン・トタル・アブダビWRT ]
シトロエンDS3 WRC

マッズ・オストベルグ/総合5位(↑)
「コンディションはとても難しかった。スローダウンする必要がないコーナーでもブレーキをしてしまっていたから、少しフラストレーションがたまった。もっといい走りができると思うが、必要なことに専念するのが戦略。今日のパフォーマンスにはかなり満足している」

セバスチャン・ローブ/SS8でデイリタイア(↓)
「やるしかなかった。このコンディションの中では、タイムをロスしすぎないためにはプッシュするしかなかった。凍ったパッチで、ブレーキが少し早すぎた。マシンが横滑りして石にヒットし、サスペンションが壊れた。状況も路面コンディションの変化も、特に僕たちには理想的ではなかったから、速い走りが求められた。道はとにかくダーティになっていったしね。でも、それほどプッシュし過ぎてはいなかった。リスクを負いすぎてコースオフした訳ではなかった」

クリス・ミーク/SS8でデイリタイア(↓)
「SS8の中盤、高速の左コーナーで横滑りした。マシンがドリフトした。正しい起動に乗せようとステアリングを切ったが、ディッチにはまって小さな木にヒットした。リヤサスペンションが破損したために、走行を続けることができなかった。マシンは今晩修復するので、明日はラリー2で再スタートする」

[ヒュンダイ・モータースポーツ]
ヒュンダイi20 WRC

ティエリー・ヌービル/総合7位(↑)
「今日も難しい一日だったが、いい進歩があった。一番難しかったのは、ステージのコンディションを正確に予想することだった。あっという間に変わるからね。タイヤ選択もチャレンジングだったが、これはかなりうまくいった。ラリーをフィニッシュするという目標に向けて、安全なアプローチを続けている。ここのステージにはあまり経験がないから、学ぶ姿勢で臨んでいるよ」

ダニ・ソルド/総合8位(↑)
「これといったドラマもなく一日を終えることができて、本当にうれしいよ。午前のループは霧、アイス、マッドとコンディションが入り交じっていて、タフだった。視界が悪い時には、いいリズムを築くのも難しかったね。午後は慎重にタイヤを選択して、いいチョイスができたと思う。2日目を走り終えることで、去年よりも成長できたから、明日もこれを続けていくことに専念する」



RALLY PLUS
Red Bull TV