ペター、息子のオリバーと一緒に初の親子ラリー参戦 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

ペター、息子のオリバーと一緒に初の親子ラリー参戦

 

2014年はシーズン初年の世界ラリークロス選手権で、自身2種類目の世界タイトルを獲得したペター・ソルベルグ。今季はタイトル防衛に向けて着々と準備を進めている。

一方で、最愛の息子、オリバーが13歳になり、念願だった親子でのラリー初参戦を実現した。参戦したのはスウェーデンのローカルラリーで、WRCスウェーデン戦にはヒストリック部門で参戦に使用している愛車のフォード・エスコートMkIIでエントリーした。スウェーデンのモータースポーツ規則では、13歳になればコ・ドライバーのライセンスが取得でき、オリバーは4ヶ月前に13回目の誕生日を迎えたばかりだった。

ラリークロス参戦や関連するPR業務に日々奔走中のペターにとって、この冬は最高のブレイクになったようだ。

この「感動の親子参戦」の模様については、ラリープラスサイトで連載中のコラム「ペター・ソルベルグのNEVER GIVE UP!」で。



DiRT4
DiRT4