スバルラリーチームUSAの新型WRX STIがデビューウィン – RALLYPLUS.NET ラリープラス

スバルラリーチームUSAの新型WRX STIがデビューウィン

 

スバルラリーチームUSAが今季から投入する新型WRX STI(VAB)で、1月31日〜2月1日に米国ミシガン州アトランタで行われた米国の国内ラリー選手権、ラリーアメリカの開幕戦、スノ*ドリフトラリーに参戦したデビッド・ヒギンズ/クレイグ・ドリューの英国人コンビが総合優勝。同マシンにデビューウィンをもたらした。

改造範囲の広いオープンクラスで参戦したヒギンスは、フレッシュスノー路面や、リピート走行で磨かれたアイス路面など変化していくコンディションに正確に対処。2位以下に9分以上の大差をつけて、新型マシンでの優勝を決めた。

「新型マシンで、何のトラブルもセッティング変更の必要もなくフルラリーを走り切ることができたのは、感動的。プリペアしたベルモント・スポーツカーの実力が存分に発揮された」と語るヒギンズは、昨年は米国タイトルを獲得している。

「新しいシャシーに施されているエンジニアリングや改良は、ラリーステージだけでなくストリートでも発揮されると思う。今季が本当に楽しみだよ!」

RALLY PLUS
Red Bull TV