トヨタ、86を一部改良 最廉価グレードはGに – RALLYPLUS.NET ラリープラス

トヨタ、86を一部改良 最廉価グレードはGに

 

トヨタ自動車は、86を一部改良し4月8日より発売する。

今回の改良では、電動パワーステアリングの特性を変更し、ボディ剛性を強化。GT”Limited”にはオプションで内装色にタンカラーミックスを追加。G以外のグレードにクルーズコントロールを標準搭載している。カラーには新色のピュアレッド、アズライトブルーを含む7色を用意。

グレード展開はG、GT、GT “Limited”の3種類。装備を簡素化したRCは廃止された。最廉価グレードのGのみトルセンLSDがオプション(3万2400円)となっており、選択するとファイナルギヤが4.100となる(標準は3.727)。

価格はGが248万8909円、GTが290万5200円、GT”Limited”が309万763円(いずれもMT。税込)。

同時に、内外装にカスタマイズを施した86″style Cb”を4月23日より発売する。価格は418万582円(MT。税込)。架装車両のため、車両持ち込み登録が必要となる。

86″style Cb “は、GTをベースに専用フロントバンパー&グリル、オーバル型ヘッドランプなどを装備。専用LEDフロントターン&クリアランスランプ、フェンダー部にはトリプルフィンのLEDイルミネーションを採用するなど、スタイリッシュな86に仕上がっている。内装ではアナログホワイトメーターや木目調インテリアパネルなどで上質な室内空間を演出した。



RALLY PLUS
ワールドラリーカレンダー2018