WRCスウェーデン:シェイクダウンでカメラマンがアクシデント – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRCスウェーデン:シェイクダウンでカメラマンがアクシデント

 

WRCスウェーデンのシェイクダウンでカメラマンがマシンと接触するアクシデントが発生した。

2月12日に行われたWRCスウェーデンのシェイクダウンで、現地時間8時38分、ミカル・ソロウォウ(フォード・フィエスタWRC)がフィニッシュ手前でコースオフ。その際、コース脇で撮影していたカメラマンにヒットした。

主催者は8時53分に救急車を送った。この際、当該カメラマンには意識があり、負傷もしていなかったことを確認した。このカメラマンは、精密検査を受けるため、カールスタッドの病院に搬送された。

その後、手に軽いスリ傷と脊髄に圧迫が見られたが、医師によるといずれも完治できる見込みだという。カメラマンはそのまま病院に入院している。

※写真はイメージです。



DiRT4
DiRT4